フィラリア薬を飲ませた場合と飲ませない場合のリスクって?

犬を飼っている人には当たり前となっているフィラリア薬。
しかし、フィラリア薬が高いという事もあり、「こんなにお金がかかっても飲ませなくてはいけないものなの?」と疑問に思ってしまう事もありますよね。
いったい、フィラリア薬を犬に飲ませた場合と飲ませない場合にはどんなリスクがあるのでしょうか?

フィラリア薬を飲ませなかった場合のリスクとは?

フィラリア薬を飲ませなかった場合のリスクは簡単で、フィラリアに感染してしまう事です。
フィラリアは蚊を媒介にして体内に入ってくる寄生虫です。
このフィラリアは体内で成長を続けて成虫になるだけではなく、体内で出産を続け、無限にフィラリアを生み出します。
フィラリアになってしまうと、犬が呼吸困難に陥ったり吐血してしまう事もあります。
症状が悪化してくると、最悪の場合は死に至る事もあります。
また、フィラリアに感染した犬の血を蚊が吸って、その蚊が他の犬の血を吸うとその犬もフィラリアに感染してしまいます。
つまりフィラリア薬を飲ませなかった場合、犬の命に関わるだけではなく、周囲の犬にも悪影響を与えてしまう可能性があるのが大きなリスクです。

フィラリア薬を飲ませた場合のリスクとは?

フィラリア薬を飲ませると、犬がフィラリアに感染するのを防ぐことが出来ます。
これは大きなメリットになりますが、飲ませた場合のリスクも存在します。
それは、いわゆるフィラリア薬を飲ませた場合に起こる副作用によるものが多いです。
フィラリア薬が犬に合わなかった場合、嘔吐や下痢、食欲不振などに陥ってしまう事があります。
また、既にフィラリアに感染しているのにフィラリア薬を飲んでしまった場合、ショック症状を引き起こして最悪の場合は命の危険になってしまう事もあります。
フィラリア薬には大きなメリットもありますが、常にこれらの副作用と隣り合わせの薬になります。

犬の事を思うならフィラリア薬を飲ませよう!

フィラリア薬には副作用などのリスクもあるのは事実ですが、それよりもフィラリアに感染してしまう方が、よほど犬にとっても危険です。
可愛い愛犬の健康を思うなら、必ずフィラリア薬を飲ませましょう。
今はネットなどで安く手に入るフィラリア薬もあるので、お財布事情が厳しい人はぜひそちらの購入を検討してみてくださいね。

更新情報

◆2016/12/21
フィラリア薬を飲ませた場合と飲ませない場合のリスクって?を新規投稿しました。